産後骨盤矯正・マタニティ整体

10年後 美しいママでいるために・・・。

canvas.jpg

 

産後の骨盤矯正って何故大事なの?

産後は骨盤が大きく開きます。

赤ちゃんは骨盤に支えられて育ちます。

赤ちゃんが大きくなれば、骨盤も開きます。

そして出産の準備としてより開き、出産時に大きく開きます。

 

産後、こんな症状はありませんか?

腰痛・肩こり・膝痛・恥骨痛・尿漏れ・頻尿・ウエストのくびれが無くなった、高さが違う・お尻が大きくなった・下腹部がぽっこり出た・お尻が垂れた・産後太りなど。

このような症状は骨盤に関係している可能性があります!!

放っておくと、どんどんおばさん体型になっていきます。

産後に骨盤矯正をしっかりされた方は、美しいラインを取り戻し、美しいお母さんでいられます。

妊娠中骨盤の開き幅が大きくなり、出産が近くなるにつれて開く幅が大きくなり、出産時にもっとも開くこととなります。

もちろん開いた骨盤はある程度は閉じていきますが、完全に妊娠前の状態に戻る方は少ないです。骨盤が開いたままの状態ですと、冷え性・産後太り・バストダウン・O脚などの症状が出やすくなってしまいます。

特に「大きな赤ちゃんを産んだ・高齢出産」の場合は、骨盤が元に戻るのに時間がかかる、または戻りにくいといわれています。

そこで骨盤が開いたままの場合は、骨盤を元の状態に戻すことが大切になります。産後、骨盤が開き、元に戻っていないと思ったら、是非一度、当院にご相談下さい。

産後の骨盤矯正は普通分娩は1ヶ月~ 帝王切開は2ヶ月~施術できます。

 

お子様連れでも大丈夫です。

施術室に大きなベッドがありますので、そこで寝かせていただけます。

寝返りをされる場合は、ベビーカー等持ち込んでいただけます。

音の鳴るようなお気に入りの玩具などご持参いただいてもけっこうです。

お子様最優先で考えておりますので、施術中何度でも中断してあやしていただいてけっこうです。おっぱいをあげられてもけっこうです。

但し、走り回るお子様は危険ですのでお断りさせていただきます。

 

canvas1.jpg

 

マタニティ整体

 20140917134444.png

 

マタニティ整体は、胎盤が完成されてくる安定期(妊娠16週目)に入ってから、できればかかりつけのお医者さんに許可をとってから施術できます。

安定期は個人差があるので、妊娠16週目に入ったから大丈夫というのではなく、体の状態にあわせて考えることが大切です。

つわり・不眠・イライラ・不安といった症状の場合は、安定期前でも施術できます。

いずれにしても大切な時期ですので、ゆったり優しく、お時間をかけてリラックスしていただきながら施術を受けていただきます。

うつ伏せはお腹に負担がかかりますので、横向き・仰向け・座っての姿勢での施術となります。)

当院では妊娠中の骨盤矯正はおこないません。(内臓の器でもある骨盤の中で赤ちゃんが育ってますので、できるだけ自然のままが良いと考えております)

 

 

 

友だち追加

 LINEでのご予約は24時間受付けております。

当日ご予約の場合は受付時間(9:30~20:00) 施術時間(9:30~24:00)
トークをしない限り、当院には通知されませんので、とりあえず追加されても大丈夫です。

 

お電話でのご予約受付(9:30~20:00)施術時間(9:30~24:00)

058-234-3318

 tap (1).png